スポンサーリンク

初ロンドン一人旅シリーズ

前後のシリーズ記事

  1. 【イギリス】はじめてのロンドン一人旅1日目前半 ー 大英博物館、バッキンガム宮殿 (この記事)
  2. 【イギリス】はじめてのロンドン一人旅1日目後半 ー キングス・クロス駅
  3. 【イギリス】はじめてのロンドン一人旅2日目 ー ロンドン自然史博物館、V&A博物館

はじめに

アイルランドのコーク滞在時、折角なのでそろそろアイルランド以外の国に行きたいなぁと思い、1泊2日でロンドンに行った時の思い出です。

とにかく目的は観光。初のアイルランドからの海外渡航という事ですが、イギリスとアイルランドは出入国の際に協定を結んでいるので審査もほとんどなくフリーパス状態。(アイルランド)国内を飛行機で移動するぐらいの心持ちです。便利。

ロンドン近郊の空港からVictoria駅周辺までバスで移動し、そこから徒歩で観光開始。

スポンサーリンク

Buckingham Palace(バッキンガム宮殿)

かの有名なバッキンガム宮殿。なぜイギリス観光の1番をここにしたかは不明。よく覚えていません。

DSC03254.jpg

ちょっとした細工から美しく。

DSC03259.jpg

有名な衛兵の交代を見る為なのか、結構人が集まっていました。

DSC03258.jpg

DSC03262.jpg

雨がパラパラと。傘なんて持ってきてなかったのでフードのみ。アイリッシュスタイルです。

DSC03260.jpg

人をかきわけてなんとか見える衛兵の人。

DSC03266.jpg

入り口

DSC03270.jpg

人もいっぱいいるし、いつ始まるんだろうと思っていたら看板を発見。よく見たら明日とか書いてる。ショック。

DSC03274.jpg

となるとこの人達はなぜここにいるんだろうという感じですが‥。

とりあえず日本人がかなり居ました。ツアーとか学生とか。久しぶりに周囲から日本語が聞こえる状態に。ロンドンなのに。不思議。思わず声をかけたくなった。

DSC03279.jpg

雨も降ってるし衛兵の交替式は明日なので退散。

DSC03281.jpg

宮殿前のモニュメント。女王や著名人が彫像に。

DSC03282.jpg

DSC03283.jpg

宮殿前のメインストリート。広い。

DSC03285.jpg

とりあえずこの道歩いてみるかぁとしばらく歩いていると、騎乗する近衛兵が。

DSC03287.jpg

いやぁカッコイイ。とにかくカッコイイ。

DSC03290.jpg

金の兜、黒のレインコート、黒馬。統一されていて美しい。

雨ふっていても本当に絵になるもんなぁ。これはこれで遭遇してラッキーでした。

DSC03293.jpg

トラファルガー広場

しばらく歩いてトラファルガー広場まで。

広場にはネルソン提督の像が。

DSC03295.jpg

DSC03297.jpg

DSC03302.jpg

The National Gallery(ナショナルギャラリー)

今回は入らず。

DSC03298.jpg

The British Museum(大英博物館)

広場を抜けて博物館へ。ロンドンと言えばここですよね。ここに行きたくてロンドンに来たようなものです。

DSC03305.jpg

みんなイギリス柄の傘さしてる。人気あるのか愛国心なのか何でだ・・・と思っていたら近くの土産物屋で売ってた。急な雨を土産物で凌いでいたみたい。

DSC03303.jpg

そして内部へ。外と違ってこの内部のモダン感。

DSC03307.jpg

とにかく広かった。たぶんしおりにチェックつけていった方がいいぐらい。

DSC03312.jpg

謎の現代アートから

DSC03313.jpg

世界各地の部族の武器や

DSC03319.jpg

彫像などなど古今東西のあらゆる物がここにあります。さすが大英博物館。

DSC03323.jpg

無造作に壁や柱に遺物が置かれている感じなので、たぶん有名なアレコレを結構見逃している。

DSC03326.jpg

ツボ。もっとこうひとつひとつの紹介があってもいいようなものだけどガラスケースにドン。

DSC03327.jpg

祭殿。椅子があるのはいいですね。場所によって照明方法も異なる。

DSC03328.jpg

DSC03332.jpg

ガチガチに厳重に守っている感じもないので、じっくり見れます。

DSC03329.jpg

広い空間で壁に沿って壁画がビッシリ。

DSC03333.jpg

動物の像

DSC03341.jpg

壊れた像を限界まで修復した感じ。

DSC03339.jpg

ただの柱だと思ったらこういうのだったり。

DSC03342.jpg

広すぎて足が痛い

DSC03343.jpg

ひとつひとつの場面を想像するのも楽しいです。

DSC03344.jpg

モザイク画も人気のない階段のちょっとした所に飾られていたり

DSC03345.jpg

ミイラ。

DSC03347.jpg

ミイラを入れる木管。

DSC03350.jpg

ミイラミイラミイラ。雰囲気ありました。

DSC03352.jpg

壺や皿も。古今東西って感じが凄い。

DSC03357.jpg

ここは明るくて開放的な部屋

DSC03354.jpg

いわゆる金銀財宝的なのも

DSC03360.jpg

装飾を凝らした銃

DSC03361.jpg

一面の黄金細工

DSC03363.jpg

金貨。財宝って感じ。

DSC03367.jpg

細工時計も

DSC03370.jpg

時代によって時計の細工の位置や価値が違うのがわかる

DSC03373.jpg

こういう時計が昔欲しくって欲しくって。ゼンマイ式だろうから絶対途中で面倒くさくなるんだろうけど。

DSC03371.jpg

DSC03387.jpg

DSC03383.jpg

仏教エリア。日本でよくみるのとはやっぱり違っていて面白い。

DSC03388.jpg

奥の方のただの階段。ただの階段なんだけどよくわからないすごいものが置いている。

DSC03389.jpg

この時の特別展。自国の文化の性に関する展覧会。逆に入りづらい。というか入れませんでした。気恥ずかしくて。入ってればよかった。

DSC03390.jpg

日本のエリア。

DSC03391.jpg

日本といえばという事で漫画文化も飾られていました

DSC03393.jpg

 

長くなったので続きは後半へ。兎にも角にも大英博物館は凄かった。これが無料ってのがまた凄い。やっぱり博物館ってその国の文化のバロメーターみたいなところがあると思っているので、この規模この質の博物館を無料で毎日みれるロンドンっ子がうらやましくなりましたね。

あとやはり見たい展示物は事前に調べて効率よく回ったら良いと感じました。広すぎて無駄に動いてしまい、同じところをぐるぐる回ったり。途中で疲れ切ってしまいました。

■シリーズ一覧:初ロンドン一人旅

前後のシリーズ記事

  1. 【イギリス】はじめてのロンドン一人旅1日目前半 ー 大英博物館、バッキンガム宮殿 (この記事)
  2. 【イギリス】はじめてのロンドン一人旅1日目後半 ー キングス・クロス駅
  3. 【イギリス】はじめてのロンドン一人旅2日目 ー ロンドン自然史博物館、V&A博物館
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事