スポンサーリンク

コーク滞在記シリーズ

前後のシリーズ記事

  1. 【アイルランド】コーク滞在記 ー シャンドン地区フェスティバル
  2. 【アイルランド】コーク滞在記 ー 市街散歩、コークラフ(湖)
  3. 【アイルランド】コーク滞在記 ー アイルランド南東部へ日帰り旅行 (この記事)
  4. 【アイルランド】コーク滞在記 ー リング・オブ・ケリーへ日帰り旅行
  5. 【アイルランド】コーク滞在記 ー コーク大学へ日帰り散策

はじめに

アイルランド生活に慣れてきて、そろそろちょっと遠出したいなと思ってた所に車でのお出かけに誘われたので行ってきた、夏の始まりかけの時期の話。

基本的にアイルランドは車社会です。電車はあるにはあるけど主要都市への直線ルートって感じなのでちょっとした観光には不向き。

観光するならレンタカーが一番ですが国際免許とってない上に当時はペーパードライバーだった僕には難しい選択でした。

なので今回のお誘いはまさに渡りに船。ありがたく便乗させていただく事に。

スポンサーリンク

出発

街の中心部から10分と言わず5分も車で走るともうこんな光景。牛と牧草地。

DSC01655.jpg

緑の国、アイルランドって感じ(相変わらず曇り

DSC01656.jpg

DSC01659.jpg

道の真中で写真とっても車通りもしない

DSC01663.jpg

どんより雲空。いつもの事で慣れました。

DSC01665.jpg

マホンフォール(Mahon Falls)

まず最初の目的地、Mahon Falls へ向かう道。車から降りて徒歩10分。羊ばっかり。尻が青い。

DSC01670.jpg

岩肌が露出してます。

DSC01671.jpg

DSC01675.jpg

景色はまさに雄大。人っ子一人いないので、自然を感じる事ができます。

DSC01676.jpg

漫画みたいな道だった。

DSC01677.jpg

マジックロード(Magic Road)

とか書いていた気がします

DSC01682.jpg

白くて綺麗な道に見えるけど、点々と羊の糞が。景色を楽しみたいけど下見て注意しながら歩く。

DSC01683.jpg

そして滝。

DSC01692.jpg

ここにも羊が。色がついているのは自分の所有羊だと区別する為とか

DSC01690.jpg

ちょろちょろな水量。夏だししょうがない。

DSC01697.jpg

DSC01698.jpg

眼が結構怖い。

DSC01701.jpg

DSC01699.jpg

ダンモアイースト(Dunmore East)

滝の次はDunmore Eastという小さな港町。アイルランドにも藁葺の家があるそうです。この町では結構ありました

DSC01703.jpg

DSC01704.jpg

ビーチもある。見てる方は寒くて震えているのに海に入っていくアイリッシュ。もう生活観が違う。

DSC01705.jpg

短い夏を全力で楽しんでる。

DSC01706.jpg

向こう岸にみえるのが次の目的地方面。ちっちゃーく灯台が。

DSC01709.jpg

昼食はここで。ビーチのすぐ上の海辺のレストラン。青が映える。

DSC01714.jpg

まさかこの10ヶ月後、このレストランにもう1回たまたま入る事になるとはこの時は思いもよらず…

注文した料理は伝統的なフィッシュ&チップス。イギリスに負けず劣らずアイルランドでもF&Cは定番料理。自分はこれが大好きで、週2回は食べてブクブク太ってました。

DSC01717.jpg

次の目的地への途中、小さなビーチがあったので寄ってみる。

DSC01718.jpg

さっきのビーチは人がいっぱいでしたがここは穴場。

DSC01723.jpg

うっすら見える気持ち悪いのはたぶんミミズが動いた跡。ただひたすら嫌悪感。

DSC01724.jpg

静かに過ごしたい人向けの場所でした。

DSC01720.jpg

対岸へ

次の目的地までは川を渡らなければいけないが、橋はない。というわけで車ごと渡し船に。

DSC01725.jpg

干上がってる

DSC01726.jpg

対岸が見える。

DSC01732.jpg

DSC01733.jpg

DSC01736.jpg

対岸へはフェリーで。車だけ載せて毎日往復しているそうな

DSC01742.jpg

橋を立てるのとどっちが経済的なんですかね。

DSC01745.jpg

バリーハック城(Ballyhack Castle)

対岸にあったBallyhack Castle。有料と思いきや無料だったので入ることに。かなり小さいタワー型の城。

DSC01748.jpg

年季がある

DSC01749.jpg

DSC01750.jpg

DSC01752.jpg

DSC01754.jpg

DSC01753.jpg

中庭

DSC01756.jpg

DSC01755.jpg

暖炉跡

DSC01758.jpg

DSC01759.jpg

DSC01760.jpg

見えにくいけど格子の下に囚人の人形が置かれてた。他にも人形があるならともかく、ここだけ人形が。なおさら不気味。

DSC01761.jpg

DSC01770.jpg

悪くはないけど辺鄙な場所すぎて客も来ないし大丈夫かと心配になるような城でした。

DSC01769.jpg

フック灯台(Hook Head Lighthouse)

ここらでは一番古い灯台らしい。

DSC01777.jpg

DSC01776.jpg

DSC01778.jpg

入場料はケチって灯台には上らず。でも十分な眺め。

DSC01780.jpg

DSC01779.jpg

以外と人はいたんですが何を目的に集まってきている人なのかは不明。

DSC01783.jpg

灯台の下からの眺め。

DSC01785.jpg

海の向こうはヨーロッパ大陸。ほとんど何も見えませんがロマンは感じました。

DSC01786.jpg

ビネガーヒル(Vinegar Hill)

灯台よりだいぶ北東に移動した先、Vinegar Hillへ。

DSC01795.jpg

アイルランド独立戦争の中でも重要な位置を占める古戦場。

DSC01799.jpg

ポツンと塔の跡。

DSC01800.jpg

DSC01801.jpg

そして眺望

DSC01805.jpg

DSC01803.jpg

DSC01807.jpg

改めてアイルランドの牧歌的風景を感じる。緑がたくさん。

DSC01809.jpg

DSC01813.jpg

下の町に降りてカフェPUBで休憩。ほんと、アイルランドはどこにでもPUBがあって休憩できるので最高に便利。

DSC01818.jpg

適当に入ったけどいい感じの雰囲気でした。

DSC01820.jpg

帰り道

これにて小旅行終了。さぁ帰るかとなった時、色々珍しいものに遭遇。

DSC01824.jpg

休憩で一旦車を止め、適当に風力発電を見ていると…

DSC01825.jpg

あとから駐車場スペースに人がわらわらと。何をするのかと見ていると

DSC01827.jpg

パラグライダーを広げだした!

DSC01831.jpg

そして華麗にジャンプ

DSC01835.jpg

DSC01837.jpg

DSC01838.jpg

この時すごい感動して、絶対いつか自分も!と思ったけどまだ叶っていない(2017年現在)

DSC01843.jpg

DSC01841.jpg

DSC01844.jpg

見てるだけでカッコイイ

DSC01845.jpg

2号機も

DSC01851.jpg

DSC01852.jpg

DSC01855.jpg

DSC01853.jpg

DSC01856.jpg

景色がね、最高の場所だったんですよ。牧草地帯で。

DSC01859.jpg

この見晴らしで飛ぶのは最高に気持ち良いだろうなぁと今でもたまに思い出す

DSC01864.jpg

飛行機雲が。なんか絵になる。

DSC01863.jpg

DSC01879.jpg

DSC01880.jpg

DSC01887.jpg

3号機まで。

DSC01889.jpg

DSC01894.jpg

十分にパラグライダー鑑賞した後、今度こそ帰ろうと車を進めていると

DSC01895.jpg

放牧中と思われる馬群に遭遇。というか道を塞がれる。

DSC01899.jpg

DSC01900.jpg

思わず車を止めて近寄ってみる

DSC01904.jpg

DSC01905.jpg

近寄ってみても逃げない

DSC01906.jpg

たなびく風

DSC01907.jpg

DSC01908.jpg

DSC01909.jpg

DSC01913.jpg

DSC01914.jpg

DSC01916.jpg

近づきすぎると警戒されるので境界線わかりやすい。

DSC01918.jpg

馬といい、眺望といい、最高のロケーション。これがアイルランドかぁと改めて良い国に来たなと感動です。

DSC01921.jpg

DSC01923.jpg

貫禄ある羊もいた

DSC01927.jpg

ハエが凄くてねぇ

DSC01930.jpg

そこからの帰り道も相変わらず、「アイルランドってこんな感じ」ってな風景。

DSC01942.jpg

農場、羊、金持ちが住んでそうな郊外の邸宅。

DSC01944.jpg

緑の景色はもうおなかいっぱい。

DSC01948.jpg

晩御飯

やっとこさ田舎道を抜け、近辺の町まで到着。ディナーはタイ料理。久しぶりに満腹まで食べました。

DSC01953.jpg

確かこの時は久しぶり(二ヶ月ぶりぐらい)に米を食べたような気が。やっぱ米はいいなぁと。

DSC01954.jpg

星空

最後は星。真っ暗な中での星はかなり見えました。でも写真はカメラの限界で良くわからんものに

DSC01955.jpg

DSC01956.jpg

終わりに

そんな感じでまる1日かけて南東部(の観光客が来なさそう&バス・鉄道では寄れないマイナースポット)巡りでした。

車に乗せてもらっていただけとはいえ、非常に疲れて次の日起きるの辛かったのは凄く覚えてます。

※これは2013年の記録です。

現在とは状況情勢が違っている場合があります

■シリーズ一覧:コーク滞在記

前後のシリーズ記事

  1. 【アイルランド】コーク滞在記 ー シャンドン地区フェスティバル
  2. 【アイルランド】コーク滞在記 ー 市街散歩、コークラフ(湖)
  3. 【アイルランド】コーク滞在記 ー アイルランド南東部へ日帰り旅行 (この記事)
  4. 【アイルランド】コーク滞在記 ー リング・オブ・ケリーへ日帰り旅行
  5. 【アイルランド】コーク滞在記 ー コーク大学へ日帰り散策
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事