【沖縄】宮古島一人旅 ー 準備編

【沖縄】宮古島一人旅 ー 準備編

最終更新日:

宮古島一人旅シリーズ

前後のシリーズ記事

旅に至る経緯とか旅の目的

もう半年近く泊まりでの旅行をしてないなと思い、なんとか5月中に二泊三日の旅行をしようと計画したのが出発の1週間前。

最初は琵琶湖を車でのんびり一周でいいかなと考えていたけれど、調べていたら今年は沖縄方面は空梅雨でこの時期の旅行費用は値段より安い上に晴れてる可能性が高いというのを知って急遽計画変更。一週間前にも関わらず航空券もホテルも余裕で取れたのでやっぱり梅雨時期は観光業界も大変だなぁとか思ったり。

で、飛行機もホテルも抑えたものの肝心の観光が特に行きたいところがあったわけでもなく。ちょっと前に宮古島の話を聞いて凄く良かったらしいから一度行きたいなと思っていた程度だったので、とりあえず綺麗な星空と青い海を堪能できればいいなぁって感じでした。

準備物

今回は準備編という事で宿泊するような旅行の時に持っているものの紹介などを。だいたいいつも同じような装備構成です。

カバン

8年ぐらい使っている旅行に行く時カバン。バギーポート。丈夫で長持ち。愛用。

けど荷物をたくさん入れた時の肩への負荷がすごい事になったり裏がジーパンでこすれて青色が移っていたり歩いている時に金具部分がキーキー言い出しているのでので流石に買い替えを検討中。

あとチャックの横がちょっと開いているので、雨とか入って中の端のほうがたまに濡れたりするのも×。

カメラケース入れ


今回はレンズが増えた(後述)ので安全や管理を考えてカメラバッグが欲しかったけども、宮古島旅行までに選びきれなくて代用品としていつもの鞄にコレを中に入れてカメラバッグもどきにしようと購入。有用だとは思うけど中のフリースペースが減って思ったよりキツかった。やはりカメラバッグ買わないとなぁと改めて思う。

カメラ

OM-D E-M5 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

今回購入したレンズがこれ。とりあえず使いたかった。

他レンズ

M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 FISHEYE PRO

いつもの魚眼レンズ。今回は予備扱いかな~と思っていたけど素晴らしい景色が多くて魚眼で撮りたい景色がいっぱいあり、結構交換するハメに。交換するたびにモタモタした。練習あるのみ。

 

予備バッテリー

いつもは一つで十分と思っていたけど、今回はタイムラプスとかやってみたいなと思ったので予備も準備。あって良かった。

カメラの清掃キット

ホコリを落とすぐらいだろうとブロアーとレンズ筆だけ持っていく事に。

しかし考えが甘かった。自分の過失によりレンズがベットリ汚れてしまい憤死。今でも後悔。

iPadPro

フライトが2時間半という事で暇つぶしに~と思ったけどまったく必要なかった今回の一番いらない子。十分軽いとは思うけどこれがないだけで肩への負荷が減ったと思うと…。次からは持っていかない。iphoneで十分だった。

さすがにApple Pencilは持っていかず。

赤色ライト

星空の写真を撮りたかったので懐中電灯。周りへの影響も考慮して赤色。まぁ実際使いませんでしたが。

なぜか赤色の懐中電灯が売り切れだったので商品リンクは青色のやつ。

虫除けスプレー

あって良かった虫よけスプレー。ないと死んでた(と思う)。虫が出る季節はいつもコレ。

タオル

流石に暑いところだから居るだろうと。ないと大変だった。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリー。これがひとつあるだけで安心。すごい軽いし使いやすいと思ってる。

これに2泊3日分の替えのシャツ、下着、靴下。

こられ全部を機内持ち込みできるカバンに入るだけ詰める。小回りも効くし一人旅なんてこんなもんと思ってるんですがどうでしょう。

ただその代わりお土産とかは小さい小物みたいなやつしか買えないし入らない。一応折り畳めるエコバッグをもっていく事もあるけど今回はナシ。

旅の計画

航空券はだいたいLCCでいいと思っているけども関西国際空港から宮古島へは就航していなかったのでANAを利用。ホテル・レンタカーも含めて全部楽天ポイントを貯めている都合で楽天トラベルで予約。LCCじゃない割にそれなりに安かったかと。ポイントもうまうま。

レンタカーは、普段車はそんなに運転しないのに島で運転するのは大丈夫なんだろうかとちょっと不安になったので免責補償だけ入ることに。値段はかなり違ってくるけど転ばぬ先の杖。変なところをケチってもしょうがないという事で。

現地での行動は、正直ひとりでビーチで海で遊ぶ~というのも気分が乗らなかったので、美しい島の写真を撮る事を計画の第一に。しかし空梅雨とはいえ梅雨は梅雨。突然雨も降るかもしれないしそこにはあまり期待せず。とりあえず星が見れたらいいなぐらい。

マリンスポーツもちょっと興味あったけども水着もないし予約もしていなかったしという事でこれもまた現地で機会あったらぐらいの気持ち。

観光は適当にするとして、あと自分が旅行する時に一番大事にしているのが食事。その地の人気グルメを値段関係なく食べるという事だけは決めているので、ちょっと調べたらあるわあるわ。地元の牛である宮古牛のグルメや海産物などなど色々盛りだくさん。とりあえず有名な宮古そばとダグズバーガーだけは抑えようと。あとは流れで。お酒もいいよね。

終わりに

出発前の準備と計画はこんな感じ。荷物は軽い方が良いです。国内なら現地で買えば良いという考えも根底に。

 

■シリーズ一覧:宮古島一人旅

前後のシリーズ記事

沖縄カテゴリの最新記事