【大阪】岸和田城へお花見

はじめに

2018年4月、最近お出かけもしていないし、桜も見頃という事だったので大阪南部、岸和田市にある岸和田城に行ってきました。岸和田城は横を通った事はあっても中に入った事は無かったので、ようやく来れたなという印象です。

本当は岸和田城に来る前に近くのカレー屋に寄ろうと思っていたのですが、ピンポイントで店休日。しかたないので城の近くの屋台を周ることになりました。結果的にどの屋台飯も美味しかったので良かったですけどカレー屋はリベンジしたい。

岸和田城

岸和田城は南北朝の時代からある城(後に移設)で、戦国時代から何度も城主を変えながら最終的に岡部氏が和泉岸和田藩として治めていました。

桜と写真

今はがんこが経営している五風荘前からスタート。城の周りは住宅地です。ちょっと緑があるものの、美しく咲いていました。

堀の端に貯まる桜の花びら

桜と天守と

橋からの風景

城門前

城門に入って

城門からの入り口に向けて

天守閣と庭

岸和田城内は大人300円。撮影禁止だったので残念でしたが、刀や鎧、岸和田を治めた岡部氏の歴史が詳しくみれて楽しめました。天守閣からの眺めも良かったです。

おわりに

そんなお花見でした。平日の昼間にもかかわらず屋台もあるし子供連れが多かったです。2018年は桜の開花も早かったので微妙に時期がずれてしまいましたが、それでも見応えは十分でした。来年は吉野や京都の有名スポットにも行ってみたいですが花粉の問題もあるので難しいかなと思っています。

Share

コメントを残す