【岐阜】飛騨高山一人旅 ー 下呂温泉

【岐阜】飛騨高山一人旅 ー 下呂温泉

飛騨高山一人旅シリーズ

前後のシリーズ記事

  1. 【長野】飛騨高山一人旅 ー 飛騨古川、高山陣屋
  2. 【長野】飛騨高山一人旅 ー 宮川朝市、白川郷
  3. 【岐阜】飛騨高山一人旅 ー 下呂温泉 (この記事)

飛騨高山を巡る一人旅も最終日。最後は帰り道ついでに下呂温泉に寄りました。長野ではなく岐阜です。

高山から電車で1時間ほど。疲れが合ったのか眠ってしまっていてあやうく通り過ぎそうに。まぁその時はその時で岐阜市内の観光していたでしょうが…。

 

下呂温泉

国内有数の温泉地。有馬、草津と並ぶ日本三名泉のひとつ。

雪が滅多につもらない所に住んでいるので雪を見てテンション上がる。

 

せん田

飛騨牛を使った料理で有名。

温泉地に来たのにまずは食事。飛騨牛まぶし丼。美味でした。

まず肉と米を食べ、満足したら後はお茶漬けに。いやぁ贅沢。

 

温泉寺

白鷺が下呂温泉の源泉を知らせたという「白鷺伝説」に由来する寺。街を見渡せるちょっと小高い所にある。

綺麗に雪化粧。ここに来るまでになかなかの階段があり、雪が積もってるせいも合っていい運動でした。

裏手側。特に用事もなかったのでブラブラと。

積もるお地蔵さん。すっごい寒そう。写真とった後とりあえず雪は払いましたがすぐ積もるんだろうなぁ。

裏手の山からの風景。白と黒のコントラスト。普段目にしない風景なのでしばらく魅入っていました。

 

チャップリン

適度に山をブラブラして街に降りてきて見かけたチャップリン像。橋の上に鎮座。目が死んでてスッゴイ怖い。水滴で泣いているようにも見える。

昔チャップリンも下呂に訪れたんだろうなぁと思っていたらどうも違うらしい。謎です。

 

温玉ソフト

そして最後の写真は温玉ソフト。ソフトクリームに温泉卵が入っているわけです。名前と見た目のインパクトがすごい。

でも卵でアイスがマイルドになってカスタード風というか普通のアイスクリームに。不思議な感じでした。

 

最後に

そんな感じの下呂でした。ちょっと足湯に入ったぐらいで特に温泉入るわけでもなし。残念ながら温泉入るには時間足りなかったです。

と、思いきや帰りの電車が名古屋での事故か何かで発車できないようになったらしく、駅でずっと遅延の文字を見つめる数時間。発車時間わかってたら入れたなぁ~とちょっと残念でした。しかし当日中に無事に帰れたのでまぁよし。

旅行全体に関しては、もう始めから飛騨高山に行って飛騨牛を評判の場所で食べると決めていたので、旅程を立てない自分には珍しく食事に関しては行きたいトコロに全部行けて満点の出来でした。観光地も適度に回れたので特に後悔はなし。下呂温泉入れなかったのは残念でしたが高山で連日何度も入ってましたしね。温泉浴は満たされていた…。うーん。満足な旅行だった。

■シリーズ一覧:飛騨高山一人旅

前後のシリーズ記事

  1. 【長野】飛騨高山一人旅 ー 飛騨古川、高山陣屋
  2. 【長野】飛騨高山一人旅 ー 宮川朝市、白川郷
  3. 【岐阜】飛騨高山一人旅 ー 下呂温泉 (この記事)

岐阜カテゴリの最新記事