【香川】四国縦断一人旅 – こんぴらさん、栗林公園

四国縦断一人旅シリーズ

前後のシリーズ記事

  1. 【高知】四国縦断一人旅 – はりまやばし、高知城、桂浜、長宗我部家縁の地巡り
  2. 【香川】四国縦断一人旅 – こんぴらさん、栗林公園 (この記事)
  3. 【徳島】四国縦断一人旅 – 大塚美術館、鳴門大橋

2017年の9月、四国縦断2日目です。前日は高知をウロウロし、疲れ切ったまま香川県の琴平へ。ゆっくり温泉で休んで体力全快・・・とはいかないのが悲しいところ。ちょっと足が痛い事を懸念しながら動き出しました。

こんぴらさん

こんぴらさんは香川県琴平町にある象頭山にある神社。正式名は金刀比羅宮。全国の金刀比羅神社、琴平神社あるいは金比羅神社の総本宮で、奥社までの1368段の石段が有名。
朝食

朝食はうどん。香川といえばうどん。勿論いただく。

めちゃくちゃ美味しかったです

こんぴらさんへ

朝はやすぎてシャッター商店街になってます。登る前の土産物屋では杖を借りることができるので、できるだけ借りた方が良いと思います。

頂上まで乗せてくれるカゴ。TVで見たことある。この時は特に何も思わなかったけど、これで人を乗せて頂上までって本当に大変で凄いコトだと思う。

ずんずん登る

大門。最初見えた時ゴールかと思って、楽勝じゃないかと思ったけども勿論全然そんな事はなく。まだまだ序の序です。

犬の銅像。かわいい

神馬。かわいい

プロペラの銅像

途中途中で休みながら参拝。まだ先は長い。

緑も濃くなる

やっと見えてきた山頂

頂上。本宮拝殿。

絶景です

まだ残暑の頃というのもあって持ってきていたタオルはぐっしょり。もってなかったらビショビショになっていた事でしょう。必須です。

そして下山。途中年配の方が腰をおろして休んでましたが、無理せず頑張ってくれと念を送りました。

あまりにも疲労したので糖分補給。おいりソフト。

高松市内

山登りを楽しんだ後は高松市まで移動してまずは腹ごしらえ。香川といえばやっぱりうどん。いやもう最高。

これが本物のコシかぁと思いながら食べてましたが、実はよくわかってません。

栗林公園

栗林(りつりん)公園は香川県高松市にある特別名勝に指定されている日本最大の大名庭園。庭の中に山や谷を模し、庭の国宝とも言われるまさしく絶景の庭園です。
入り口。いくつかあります。今回は琴電の栗林公園駅から来たのでこちらから。

広すぎる園内。決まったコースは特になく、自由に楽しめます

園内の資料館

川、水辺も

春夏秋冬を楽しめそう

印象派の絵画のような

風情あり

渡し船もあり、橋の下を通ったりしていました

奥には滝が

本当は何周も回りたかったのですが、いかんせん午前中のこんぴらさんでの山登りが足に来ており、広すぎる園内を軽く1周した時点でギブアップ。どちらかに絞っておけばもっと楽しめたはずなのに・・・準備不足でした。

徳島

そんなわけで、予定を早めて次の目的地である徳島の鳴門に向かったのでした。高松からは電車のアクセスはあまり良くなかったので電車とバスを組み合わせて鳴門まで移動。わずかしか残っていないバッテリーがみるみる減っていくスマホ片手に路面バスの情報をチェックというのは割りと心臓に悪く。

しかしなんとか到着。徳島ラーメンをいただき、この日は終了。徳島名産の食べ物を食べたかったのですが疲れて眠ってしまったので…体力のなさを痛感しながらこの日は終了です。

■シリーズ一覧:四国縦断一人旅

前後のシリーズ記事

  1. 【高知】四国縦断一人旅 – はりまやばし、高知城、桂浜、長宗我部家縁の地巡り
  2. 【香川】四国縦断一人旅 – こんぴらさん、栗林公園 (この記事)
  3. 【徳島】四国縦断一人旅 – 大塚美術館、鳴門大橋
Share

コメントを残す