【東北1周】瑞巌寺、松島、中尊寺金色堂を青春18切符で一人旅

【東北1周】瑞巌寺、松島、中尊寺金色堂を青春18切符で一人旅

東北一人旅シリーズ

前後のシリーズ記事

はじめに

2013年の春、青春18切符で東北を回っていた時の記録です。

北海道、中国地方を巡り終わり、今回は東北です。大阪から深夜バスで仙台に入り、そこから18切符を購入して北上して東北地方をぐるっと回っていく計画でした。相変わらず宿も旅程も決めないし行き先の情報もその前日にしか調べないという状態だったので、行けなかった所がたくさんという割りと後悔の多い旅でした。「冬季は営業していません」という言葉が強かった…。

松島

瑞巌寺

仙台から電車に乗って松島へ。やっぱりここからでしょうと瑞巌寺から観光スタート。電車内ではぼーっと車窓からの風景を見てましたが、ところどころに震災の爪痕が。

DSC01082.jpg

瑞巌寺は伊達政宗はじめとする伊達家にゆかりがある寺。正宗の正室の愛姫の墓堂があったり。

DSC01083.jpg

DSC01084.jpg

DSC01085.jpg

DSC01086.jpg

ちょうど工事中の時期だったので工事関係者も結構な人数がうろうろ。

DSC01087.jpg

DSC01088.jpg

DSC01089.jpg

寺の見学コースにて。中は涼しかったです

DSC01091.jpg

DSC01093.jpg

DSC01092.jpg

いっこいっこちゃんと読んでいくと「へー」なものばかり。勉強になります。

DSC01093.jpg

みごとな襖絵

DSC01094.jpg

DSC01095.jpg

DSC01096.jpg

読めない

DSC01097.jpg

DSC01100.jpg

松島

日本三景の1つ、松島。これで天橋立、厳島と合わせて3つ目。見事三景をコンプリートしました。

DSC01103.jpg

みごとな眺め。ぼーっと見ているだけで心が落ち着くし、いくらでも見ていられる。

DSC01105.jpg

日本三景を好きな順で並べると、松島、厳島、天橋立の順ですかね。この時は日本三景をコンプリートしたという事はもう日本はこれ以上美しい所ないのかーとか思ってましたけど、350年ほど前に決められた基準なだけで、日本はもっと色々美しいところあるし、美しさの尺度もひとつじゃないですよね。

DSC01106.jpg

ただこの日の松島は天気もそこそこ良く、海面がキラキラしていたので誰が見ても絶景かな。

DSC01107.jpg

ボートとかヨットも結構あって、クルーズツアーみたいなやつに参加したらよかったと今後悔。

DSC01108.jpg

DSC01109.jpg

DSC01110.jpg

DSC01112.jpg

DSC01113.jpg

DSC01114.jpg

桟橋みたいな所から眺めているだけでしたが、とにかくすごい良かったです。

DSC01116.jpg

中尊寺金色堂

松島をそこそこで切り上げ、次は中尊寺金色堂へ。山へ入る前には「武蔵坊弁慶の墓」。え?ここ?って思ったけどそりゃそうかと思い直す。

DSC01118.jpg

中尊寺入り口。

DSC01119.jpg

高い木々の間を歩いていきます。

DSC01120.jpg

DSC01122.jpg

DSC01124.jpg

DSC01125.jpg

本堂に至るまで、途中にはいくつものお堂が。

DSC01126.jpg

DSC01127.jpg

DSC01128.jpg

そして奥の奥。これが中尊寺金色堂。中は写真撮影NG。歴史や美術の教科書でさんざんみた金色堂が見れたのはちょっとした感動が。オーラがありました。圧というか。

DSC01129.jpg

DSC01130.jpg

DSC01132.jpg

芭蕉像。

DSC01133.jpg

DSC01135.jpg

重要文化財の能楽殿。

DSC01137.jpg

DSC01140.jpg

好きな感じの色褪せ。歴史を感じられました。

DSC01141.jpg

岩手へ

金色堂を堪能した後は一気に岩手へ。駅から降りると明かりも少なく真っ暗。そんな中、唯一といっていいぐらいの明かりがこの写真。そして次の日はこの写真通りの観光をします。

DSC01144.jpg

終わりに

また青春18切符でのんびり電車の旅なわけですが、初日にして東北に行きたいと思った理由の一番のところ(松島&金色堂)が終わってしまい、わりと後は消化試合の気分…でした。この時は。

山陰もそうでしたが、人があんまり地域にいくと電車の便が驚くほど減って1本逃すと命取りという状況に。なので電車に揺られてのんびり~というのは少なく、時刻表を確認できるアプリと地図と宿決めでヒーヒー言ってたように思います。出発前から準備しておけばこんな事にはならないんですけどね。まぁこういったドタバタを楽しむのも旅の醍醐味という事で。

■シリーズ一覧:東北一人旅

前後のシリーズ記事

宮城カテゴリの最新記事