スポンサーリンク

山陰山陽一人旅シリーズ

前後のシリーズ記事

  1. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 天橋立、竹田城
  2. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 鳥取砂丘、出雲大社 (この記事)
  3. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 石見銀山
  4. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 秋芳洞、秋吉台、錦帯橋

はじめに

2013年の春、仕事に疲れて会社を辞め、日本各地を回っていた時の記録です。

前日の山登り(竹田城登山ルート)の筋肉痛に襲われながら山陰山陽をぐるっと回る旅2日目です。この日は日本で一番有名な砂丘と出雲大社へ行くことが目的。

スポンサーリンク

鳥取砂丘

鳥取駅前から朝一番で鳥取砂丘へ。ちょっと離れているのでバスで移動。こんなに砂のある所に来たのは初めてだったので結構興奮しました。空も青い。

DSC00595.jpg

誰も踏み歩いたことのないキレイな状態なら絵になるだろうけども、そんな事はなく。結構踏み荒らされてる。

DSC00597.jpg

けども奥にちらりと見える海との色の対比で、この砂が美しいことには違いなく

DSC00598.jpg

入り口側にはラクダが。乗れるみたいです。もちろん有料。

DSC00600.jpg

ちょっと緑化しかかってる。近くの看板に、緑化を防ぐ為に頑張りましょう砂丘を守りましょうとあって笑う。重要な観光資源ですもんね。緑化されちゃあ敵わんよね。

DSC00601.jpg

雲一つない素晴らしい天気。空の青と海の青と砂。

DSC00604.jpg

人間がちっちぇ

DSC00605.jpg

見えてる分だけで砂丘は終わりだけどもそれでも結構広い。歩けば歩くほど靴には砂が。

DSC00608.jpg

あとやっぱり歩いた時の感触が気持ちよかったです

DSC00611.jpg

DSC00612.jpg

ちょっと人が歩いていないところまでいくと砂紋が。

DSC00613.jpg

DSC00615.jpg

グラデーション。こんなにハッキリ見えるとは。感動しました。

DSC00617.jpg

見えていた砂丘がひーこら言いながらやっと登り切り、その奥に広がっていた海。イメージでは白い砂浜でも広がっているのかと思っていたけどいきなり海って感じ。日本海側なので波も大きい

DSC00618.jpg

白波

DSC00619.jpg

たしかにこれは日本には見えない景色。砂漠に行ったことはないけども、雰囲気は十二分に味わえました。

DSC00620.jpg

さっきらのラクダに近づく。お値段それなり。ラクダは選べません笑

DSC00623.jpg

帰る頃になって、来た時に発見できなかった入り口の碑を発見。

DSC00624.jpg

砂の山を登る馬もいました。ラクダだけじゃないのね。

DSC00625.jpg

出雲大社

砂丘を満喫したのでそのままお隣の県である島根へ。

出雲市への移動はちょっともたついてしまって参拝時間ギリギリ。夕焼けの頃になって到着。

DSC00627.jpg

おかげで人は少なかったです(土産物や食事処も閉まっていたけど)

DSC00628.jpg

DSC00632.jpg

とても静か。いい時間だったかも。

DSC00633.jpg

有名な大きいしめ縄

DSC00634.jpg

DSC00635.jpg

DSC00636.jpg

DSC00637.jpg

DSC00638.jpg

近くで見ると本当にデカイフトイ。

DSC00645.jpg

ねじれ

DSC00647.jpg

風もなく、きれいに反射してました

DSC00652.jpg

DSC00655.jpg

DSC00658.jpg

寂しい時間帯でしたが写真撮るには最適でした

DSC00662.jpg

DSC00668.jpg

来た時は横手から入ってしまったので帰りは正面から。

DSC00673.jpg

こっちには帰宅途中の参拝客が大勢と。

DSC00674.jpg

思ったより道が広くて長い

DSC00675.jpg

DSC00679.jpg

DSC00680.jpg

正面入口。

DSC00682.jpg

出雲そば

献上そば 羽根屋 本店

無事に参拝も終え、出雲に来たならばやっぱりこれでしょうと、皇族の方も寄ったとかいう店で出雲そばを。とても上品で薬味も最高でした。またいきたい。

DSC00684.jpg

終わりに

ずっと行きたかった砂丘と出雲大社、両方をなんとか1日でクリア。一日のほとんどを電車でぼーっとしているだけという贅沢な時間の使い方でしたが、やっぱり特急使えば良かったなぁと何度も思いました。まぁそこが青春18切符の醍醐味か。

出雲へ向かう道中、宿も決めてないし出雲大社に今日中に参拝できるかわからなくて全部ヒヤヒヤだったのを覚えています。最後のソバの味は今でも忘れられない。よい贅沢したなぁ。

■シリーズ一覧:山陰山陽一人旅

前後のシリーズ記事

  1. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 天橋立、竹田城
  2. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 鳥取砂丘、出雲大社 (この記事)
  3. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 石見銀山
  4. 【中国地方】青春18切符で山陰山陽一人旅 ー 秋芳洞、秋吉台、錦帯橋
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事