【スイス】ツェルマット一人旅 ー 展望台からのマッターホルン

【スイス】ツェルマット一人旅 ー 展望台からのマッターホルン

スイス一人旅シリーズ

前後のシリーズ記事

  1. 【スイス】ツェルマット一人旅 ー 展望台からのマッターホルン (この記事)
  2. 【スイス】ツェルマット一人旅 ー 夕焼けと朝焼けのマッターホルン
  3. 【スイス】スイス一人旅 ー ルツェルン散策

2014年7月、スイスのツェルマットに一人旅をした時の記録です。

イタリアを出てスイスに来ました。電車でミラノからのんびりと。朝に出発して到着は昼。日本にいると国境という概念はよくわかりませんが、イタリアからスイスに行くまでの国境もよくわかりませんでした。途中に職員が見回りに来たぐらいで、特に審査もなく身構えていたのがアホらしかったぐらいでした。

スイスはまずはツェルマットへ。ツェルマットはマッターホルンが良く見えるというマッターホルン観光業がメインの町です。アイルランド滞在時に仲良くなったスイス人の友人達にスイスの観光って何があるの、おすすめは何なのと聞いたらみんな「うーん、山。」って答えたのが大きかった。

ツェルマットに到着後、軽めの昼食(マクドナルドに行った。めちゃくちゃ物価高かったけど久しぶりだったので思わず)をとって落ち着いてから、まずはやっぱり山でしょうという事で、マッターホルン観光へ。まぁマッターホルン見る以外他に何もない所だったんですけどね。

鉱山鉄道からの景色

鉱山鉄道に乗ってマッターホルンがよく見えるという展望台へ。

見える建物はだいたい全部コテージホテル。ガッツリ観光村です。

f:id:FantasyPort:20170317192403j:plain

電車からの景色。マッターホルンの所だけちょうど雲が隠れている。

f:id:FantasyPort:20170317192404j:plain

電車からの車窓は最高の景色。ちょっとした見どころでは少しスローになってくれます。気分は完全に世界の車窓から。

f:id:FantasyPort:20170317192405j:plain

結局朝のうちは曇り一色でマッターホルン全然見えず。

f:id:FantasyPort:20170317192406j:plain

羊の所でも電車はスローに。

f:id:FantasyPort:20170317192407j:plain

ぎゅうぎゅう集まってるのすごいかわいい。あぁスイスの羊だぁと謎の感動。

f:id:FantasyPort:20170317192408j:plain

展望台

そして終着駅に到着。首から救助用の酒をぶらさげた犬!なんというか典型的な感じ。あとデカいホルンとか民族衣装を来た人とか、完全に観光地化されていました。

f:id:FantasyPort:20170317192410j:plain

まだマッターホルンは見えない。

f:id:FantasyPort:20170317192409j:plain

すごいおとなしい。首のアレがやっぱかっこいい~

f:id:FantasyPort:20170317192412j:plain

典型的な人

f:id:FantasyPort:20170317192411j:plain

展望台&休憩所。空気が澄んでるのがわかる。

f:id:FantasyPort:20170317192413j:plain

パノラマで撮影。アルプスの雄大な山々。ハイジを思い浮かべる。

f:id:FantasyPort:20170317192414j:plain

外は寒いので流石に展望台ですっごい高額のコーラ待つこと一時間。やっと雲の切れ目が。

f:id:FantasyPort:20170317192415j:plain

あめーじんぐだわ。息を呑む。

f:id:FantasyPort:20170317192416j:plain

山が雲を切り裂いていくんですよ。

f:id:FantasyPort:20170317192417j:plain

展望台内部。高度3100mらしい

f:id:FantasyPort:20170317192418j:plain

またパノラマ撮影。全てのスケールがでかい

f:id:FantasyPort:20170317192420j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192422j:plain

あー、世界は美しいわーって思いながら寒さに震える。防寒具必須です。

f:id:FantasyPort:20170317192421j:plain

マルタ・イタリア南部とかの暑い気候から北上して来たので長袖シャツ以上の防寒具なし。周りはごついジャンパー来てるのに。

f:id:FantasyPort:20170317192423j:plain

さすがにTシャツ+薄手のパーカーで来てるのは自分だけでした。すごい目で見られた。

過去にちょっと書いてますが、ここで一番ゴツい上着であるパーカーを捨ててるんですよね。暑くて邪魔という理由で。その時の自分をぶっ飛ばしたかった。

【マルタ】バレッタ一人旅 ー アッパー バラックカ ガーデンズ、カーサ ロッカ ピッコロ

f:id:FantasyPort:20170317192424j:plain

次はちゃんと防寒対策してハイキングに来よう。結構な人がスキーの格好をしながらハイキングに向かってるのを羨ましく見送る。

f:id:FantasyPort:20170317192425j:plain

帰りの電車で。乗ったとたんにさらに晴れだす。もうちょっと展望台にいれば美しい青との完璧な調和が見れたかなぁ

f:id:FantasyPort:20170317192427j:plain

鉱山鉄道とマッターホルン。

f:id:FantasyPort:20170317192426j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192428j:plain

ちょっと横から見るとほんと爪みたいな形。

f:id:FantasyPort:20170317192429j:plain

どこを適当に撮っても絵葉書みたいな一枚に。始終感動と寒さで震えてました。

f:id:FantasyPort:20170317192430j:plain

展望台までの鉄道はいい鉄道でした。帰りは日本人観光客の集団と遭遇して、いっぱい話しかけられたり話したりしてグッタリ。久しぶりに日本語使ったというのもあったかも。

f:id:FantasyPort:20170317192431j:plain

ツェルマットに戻って

f:id:FantasyPort:20170317192432j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192436j:plain

実は展望台に登らなくても、観測スポットなら町からも見えます。十分なほど。

f:id:FantasyPort:20170317192433j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192434j:plain

f:id:FantasyPort:20170317192435j:plain

そして朝焼けのマッターフルンが見たいので、この日は旅の中で一番高い宿に泊まったのでした。ベランダからマッターホルン見えるのです。すばらしい。

関連リンク

スイス – Wikipedia

スイス 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

ツェルマット – Wikipedia

ツェルマット 旅行・観光ガイド 2017年 – トリップアドバイザー

マッターホルン – Wikipedia

マッターホルンへ行く前に!見どころをチェック – トリップアドバイザー

■シリーズ一覧:スイス一人旅

前後のシリーズ記事

  1. 【スイス】ツェルマット一人旅 ー 展望台からのマッターホルン (この記事)
  2. 【スイス】ツェルマット一人旅 ー 夕焼けと朝焼けのマッターホルン
  3. 【スイス】スイス一人旅 ー ルツェルン散策

スイスカテゴリの最新記事